コラムブログ「だが興味は持て」

毎週土曜日(水曜日)更新

「痩せない」に興味を持て

食べているからしょうがないのだが 最近とみにお腹が出てきている

 

どういう訳かは分からないが 実年齢より若く見られる事が多い筆者

今年34歳になるオッサンの筈なのだが「20代だと思ってました!」と周りに言われる

 

それらは心無いお世辞なのかもしれないが 若く見られる事は必ずしも褒めではない

筆者にように年相応の落ち着きが無いと嘆いている者には逆効果である

 

(年相応の落ち着きが無いから若く見られているのだろうか)

 

それがどうだこの太鼓腹(ポンポコポン)

ここだけ切り取れば立派な40代~50代 メタボリックまっしぐらである

 

普段は内勤なので襟シャツにスラックスの簡素ビジネススタイルだが

先日久しぶりにジャケットを羽織ったところボタンが閉まらなくて困った

 

とりあえず羽織るだけでお茶を濁していたら その日の商談相手として来た人が

某通信会社のお偉いさんで滅茶苦茶焦るという締まらないエピソードもある

 

痩せよう!

 

そう思ったのは34年弱の人生で軽く5000回を越えていると思う

 

小学生の時分よりふくよかボディを持て余して生きており

思春期になる頃には「このままではモテない」と危機感を募らせていた

 

(実際にはモテない理由は他にもごまんとあったのだがそれはまた別のお話)

 

大学生の頃にはあまりにもお金が無かったので

水道水だけを飲み続けるという生活を送っていたところ 瞬く間に5キロほど痩せた

 

「やったぜ!」と思ったが束の間ちゃんと倒れたので観念してバイトを始めた

バイト先のまかないと不規則な生活により瞬く間に10キロ増えた やってらんねえ

 

運動をしていない訳ではない(と思う)

週末になればサイクリングにウォーキング 平日も軽くではあるが筋トレを

 

いわゆるスポーツと呼ばれるものは「人間関係不得手」を理由にやらないが

その代わり独りで出来る運動には興味がある 金銭面が解消されればジム入会も手だ

 

となるとやはり 運動の分を上回るくらい食べているのだろう(一行目に戻る)

 

余談ではあるが先日 会社の先輩から「どうやって通勤してるの?」と聞かれ

「片道30分ほど歩いて通勤してます」と答えると非常に驚かれた

 

筆者にとって30分歩くというのはモノの数ではないのだが

どうやら一般的に考えると結構な事らしい 逆に驚いた

 

そして不公平な事に 筆者のウォーキング事情に驚いたその先輩は

筆者より遥かにスリムで健康的な体型をしているという事実が何とも解せない

 

筆者は常々「健康と寿命と薄毛は持って生まれた才能による説」を提唱している

 

元々不健康体質で生まれた人間がどんなに健康になろうと頑張っても

遺伝子的に健康である人間には敵わない という主張である

 

例として 齢ゼロ歳にして急性肝炎で死にかけた筆者とは対照的に

配偶者の家系は長生きが多く 配偶者も運動を全くしないのに健康体である

 

配偶者の祖母はどちらも90歳近い高齢なのだが非常にかくしゃくとしており

ボケてもおらず言葉も明瞭で ちなみに言うとハゲてもいない

 

筆者の家系は父方の祖父が長らく薄毛で 親父も長らく薄毛で

かくいう筆者はというと学生時代の毛染めを後悔しながらギリギリ生きている

 

母方の祖父は57歳でハゲる前に亡くなっているのでそもそも判断材料にならない

 

話がハゲに偏ってしまったので戻すのだが

太りやすい体質というのも遺伝子的な 言ってみれば才能によるんじゃないかと思っている

 

恐らくただでさえ肉の付きやすい体質をしている筆者が

それを自覚してなお過食に走ってしまうのか

 

飲酒もしない煙草もしない 競馬パチンコギャンブルやらない

そんな筆者にとっての一番手近なストレス解消法が食べる事なのだ

 

となると筆者の腹囲をメタボリックたらしめているのは

(主に仕事から来る)ストレスと言うに他ならないと言っても過言であるまい

 

職場環境がピリピリしている 仕事もしてねえお局ババアがクソうるせえ

上司命令が朝令暮改だ 等々挙げていくとキリが無いしあまり気持ち良いものでもない

 

健康を阻害されるどころか 服のサイズが合わなくなるという金銭被害もある

訴えたら勝てるんじゃないかとも思うが事象が曖昧過ぎて立件は厳しいだろう

 

仮に訴えたとしてそれに勝って 賠償金が手に入ったとて何に使うだろう

裁判のストレスを解消するために美味しいものを食べるんだろうなあ

 

結論が出るものでもないが とりあえず今日もサイクリングに出かけよう

全ては美味しいものを美味しく食べる為にである 都合よく今日は快晴だ