コラムブログ「だが興味は持て」

毎週土曜日(水曜日)更新

「東京出張」に興味を持て②

二泊三日の東京出張であるが 冒頭4時間ほどの経過のみをもって

「前編」そして今回が「後編」と設定してしまっているのには訳がある

 

間の一泊二日分は殆ど仕事(及びそれに伴う付き合い)なので

かようなコラムブログに書くような 書けるような事は起きていないのが事実なのだ

 

厳密に言うと 東京で落ち合う筈だった取引先の方が

「12日」と「12時」を間違えていてしっかりすっぽかされたり等はあったが

 

その間も悠久の時が流れる東京支店の会議室にてのんびりさせてもらっただけなので

感謝の気持ちこそあれブログに書ける愚痴や雑言は持ち合わせていない

 

という訳で2日目の退勤後 池袋近辺に住まう旧友の家を訪ねるところまで時は進む

 

去年の8月頃にも 彼および友人グループとは再会したのだが

解散した翌日に彼が発熱(後に陽性) 筆者も数日悪寒を携えるという件があったので

 

今回は大事を取ってグループとはリモートでの会合となった

げに麗しきは旧友への愛とテクノロジーの発達である

 

普段は人見知り大爆発生活を送る慎ましき人柄で知られる筆者であるが

ここぞとばかりにウケを頂こうウケを頂こうと持ち味のナンセンスを存分に発揮させる

 

各員お酒が入っていた事もあり ちんことペニスが無尽蔵に飛び交う

まるでコロコロコミックのような会話で場は大いに盛り上がった 余は満足である

 

そうして夜更けにまた池袋周辺まで戻り 予約していたカプセルホテルにチェッキン

全国的にも名店として名高い「かるまる」というサウナ施設である

 

筆者が着いたのは既に午前2時頃だったのだが まだまだサウナには人の数は多く

流石都会というのか 流石名店というのか分からないがとりあえず仰天はする

 

眠気がMAX越えてTWO-MIXだったので 軽くサウナを2セットカマしたのだが

それでもこのホスピタリティの高さは充分に味わえる サウナも水風呂も極めて気持ち良い

 

8℃かつトルネード水流という常軌を逸した水風呂で冷えた身体を整えるべく

外気浴スペースに出て都会の夜を浴びる 外は雨が止んだものの風はまだ残っている

 

時折吹く強めの風にビルの装飾が煽られる「ビヤーン!」という音や

もうそろそろ丑三つだというのに元気なギャルの嬌声に気を乱される事はあったものの

 

無事にととのいを享受しキャビンで就寝 あっという間に次の日はやってくる

 

東京最終日 ここで筆者は出なくてもいい賭けに出る

 

財布・スマホ・有線イヤホン・ハンドタオルのみをやおらポケットに押し込んで

それ以外の荷物はカバンに詰めてコインロッカーにぶち込んだのだ

 

これで筆者は手ぶらである 花の大東京にて異彩を放つ手ぶらの私

特に土地勘がある訳でもない 充電が切れたら地図も乗り換えもままならない

 

これはなかなかにスリルであった

と同時に 電池の節約の為極力スマートフォンの画面を見ないように心掛けていた

 

結果としては都会のもたらす視覚情報の多さにより全く退屈をする事もなく

むしろ周りの景色に気を寄せる事でのメリットも多いのではないかと感じた

 

ラーメンの名店での待ち時間もワクワクのみを享受する事が出来たし

ダンジョンとして名高い池袋駅でも気を研ぎ澄ましていたせいか迷子にはならなかった

 

財布が落ちていたので駅の遺失物受付に届けてみたりもした

中にはそこそこの現金とキャッシュカードが入っており 持ち主に届く事を切に願った

 

とはいえ集中力がよく切れる事で有名な筆者のこと

どこかに傘を忘れてしまいえらい出費を被る羽目にもなったが これは授業料として

 

次の目的は 全くの手ぶらによる旅行を画策したいと考えている

それほどまでに荷物が無い事への身軽さは美しく感じられたのだ

 

旅は人を成長させる そう強く思った今回の出張であった

ただ何故こんな時に限って5000円もする高い傘を持って行ってしまったかなとも思っている